アラフォーOL副業道

手取り18万円のアラフォーOLです。副業で月に5万円を稼げるようになるまでをリアルタイムで発信します。目下のところ、ただの日記・雑記ブログ。

あえて文通はいかがでしょうか?

小学生のとき、引っ越していったお友達と文通をした経験ありますか?

1,2年くらいでどちらともなく途絶えちゃうんですよね。。

f:id:nanako_ip:20200811213224p:plain

もしかして、今の小学生は、スマホを使いこなしているから、文通なんてもうしないんでしょうか?

 

スマホを使いこなせていない私は、先日、LINEの設定をいじっていましたところ、なんか急に「友だち」と「知り合いかも?」が増えて?????となりました。

「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオンにしちゃったから?なんですか?

(前々職の上司とかが友だちに追加されてて、まじビビったよ。速攻で削除したけど手遅れですか??みなさま、お気を付けください。)

 

でも、このミスのおかげで、相手のLINEにも私のLINE情報が登録されたらしく、10年ぶりに連絡をしてくれた友人がいたんです!

(私がスマホに変えたのが4年前くらいなので、LINEは交換していなかった。)

 

毎年、この友人の誕生日が来るたびに、おめでとうメールを送ろうかなと思いつつ、でも今更かなぁと躊躇していたんですよね。

縁が切れてなくてホントに嬉しかった!!

 

で、あえてこの時代に、文通なるものをすることになりました~!

 

早速便箋を買いに行きましたよ。便箋を買うのなんて何年ぶりよ?

そういえば、小学生の時は便箋とシールが宝物だったなぁ、使うのがもったいなくて溜め込んでたなぁ、とか思い出して、懐かしい気持ちに浸りながら、便箋を選びましたよ。この時点ですごく楽しかった!年甲斐もなくキャラクタものなど選んでしまいました。。

 

で、いざ手紙を書こうとペンを持つと、、、

「あれ?手紙って何を書けばいいんだっけ?」と手が止まりまして。。。

 

お礼状とか定型文のハガキは書くこともあるけど、友人宛に自由記述の手紙は、それこそ10年、いや20年は書いてないんじゃなかろうか。。

 

とりあえず、この友人と会っていない10年間分の身の上話をダイジェストでお届けしてみました。

 

久々に手紙を書いて気づいたこと。

私、字が汚い!!

今、ほぼパソコンだし、軽いメモ書きくらいしか自分の字を書く機会がないので、気にならなかったけど、3行以上書くと、字の汚さがごまかせない。

 

そして、漢字が分からない!!

これは現代人あるあるだと思いますが、私もご多分に洩れず。

 

結論!

大人になってから文通っていうのも、いいものですね。

字をきれいに書こうって努めるし、漢字の勉強にもなるし。

メールとかLINEみたいに、短時間にやりとりがエンドレスで「これ、いつ終わればいいんだろう?」ってならないし。

たぶん返事が来るのは忘れたころだろうから、ポストに返事が入ってたら「おぉ!」ってサプライズを味わえると思うし。

のんびり書いて、のんびり返事を待って、っていうのが癒されるなぁって思いました。

この時代、あえて文通はいかがでしょうか?

f:id:nanako_ip:20200811213258p:plain

 

【日記】3連休は積読本を振り返る

お盆休みで9連休の方もいるのでしょうか?

私は、カレンダー通りの3連休です。

 

目が滑って本が読めない状態が続いていましたが、ちょっとずつ読んでみようかな、という気になってきました。

この3連休中に、何冊か読めたらいいなと思います。

 

 

ちょっと読書メーターの紹介

私は本を読書メーターというアプリで管理しています。

このアプリでは、「読んだ本」「読んでる本」「積読本」「読みたい本」の4種類に分類して本を管理できます。

私は「この本持ってたっけ?」ってなることが多々あるので重宝してます。

スマホ版のアプリだと、本の裏表紙にあるバーコードを読み取ることで本の情報(題名、著者、ページ数など)をまるっと登録できるので、かなり便利です。

 

「読んだ本」には、感想を書いて記録することもできます。

ただ、感想は255文字までという制限があるので、がっつり書きたい人には物足りないかもしれません。ちょっとした覚書なら255文字でも十分だと思います。

 

他人の感想を読むこともできます。

自分と似た感想があったら、「だよねー!」ってなるし、自分とは全然違う感想があったら「なるほどねー。その想像力うらやましいわー!」ってなって、それはそれで楽しいです。

いいなと思った感想には「ナイス」をすることができて(はてなスターみたいな感じ)、いいなと思ったユーザをお気に入りに登録(読者登録みたいな感じ)することもできます。後述するブクログよりも、たくさんナイスがつく気がします。

ただ、255文字制限があるせいか、似たり寄ったりなあらすじのみが書かれていることが多い印象はあります。ナイスもつき易い分、ナイスが多い感想が必ずしもオリジナリティ溢れるすごくいい文章なわけではなさそうです。(あくまで感想は自分の記録のために書いているのであって、人に読んでもらうために書いているのではないので、仕方ないとは思います。)

 

ちょっとブクログの紹介

感想をがっつり書きたい、他人の感想もがっつり読みたい、っていう方にはブクログがおすすめです。

感想に文字制限がない?らしく、超大作な感想にお目にかかることもしばしばあります。ブクログの方が、読書メーターよりも感想にナイス(いいね)がつきにくい印象で、その分、ナイス(いいね)が多い感想は、よく書けているなぁと感心するものが多いです。

 

バーコードで登録できるところと、4種類に分類して本を管理できるところは読書メーターと同じです。(「読み終わった」「いま読んでる」「積読」「読みたい」と、言い方が少し違う)

 

積読本の話

私は、ブクログの存在を知らない時に、読書メーターを使い始め、そのまま本の管理には読書メーターを使っています。たまに、ブクログで他人の感想を読ませてもらっています。ブクログに移行しようかと思ったけど、登録し直すのが面倒だった。。

 

で、読書メーターによると、今、積読本が75冊あるんですよね。中には、これ何年ものかな?レベルの積読本も。。

「この作者の面白かった!」ってなったら、同じ作者の本ばっかりまとめ買いして読むんですよ。そしたら、やっぱり話が同じような流れなので飽きてくるんですよ。で、結局、読まれずに積まれていくんですよね。。(私の読み方がよくないですね。。)

でも、久しぶりに読んだらまた面白いと思うはずだし、これ以上積読本を増やすわけにもいかないし、この3連休は、新しい本には手を出さず積読本を振り返ってみようと思います。読むぞー!!

f:id:nanako_ip:20200808003708j:plain

積読本の一部

【日記】お盆の帰省はなし

今年のお盆の帰省はなし、にしました。

 

私の実家までは、電車を乗り継ぎ6時間くらいです。もちろん越県。

旦那の実家までは、車で1時間半くらいです。こちらも越県。

 

私の実家は、さすがに越県も越県だし、高齢の祖父母もいるので、帰省しないのが当然の結論でした。親も、帰ってきてほしくなさそうだった!

 

でも、旦那の実家からは、集まろうみたいなお誘いが「工藤家(仮名)グループライン」で回ってきました。

旦那は4兄弟で、他の兄弟も結婚してる(子供もいる)ので、全家族が集まると、10人を超えます。工藤家(仮名)全員が、10帖くらいのリビングで飲み食いをするわけですよ。下手したら、工藤家(仮名)クラスタが発生するんじゃね?

 

他の兄弟は、集まる方向で日程を決めようとしていたのですが、うちが「今年は自粛しとく」って言ったら、他の兄弟も、「やっぱりうちも自粛するわ」って言ってくれました。

義理の実家からのお誘いなので、すごく断り辛かったけど、勇気をだしてよかったです。

 

実は、ほんとに最近までは、結構感染者がいる割には、知り合いには1人もいないし、だれが罹っているんだろう?って、そんなに危機感がありませんでした。

 

でも、私が担当するお客さんから、「お客さんのご友人が感染して、10日間病院に監禁された」という話を聞きました。ご友人は無事退院されたそうですが、「相当気をつけていたのに。どこで感染したか分からない。」と言っていたみたいです。

 

また、旦那の会社でも、感染者がでました。感染者と旦那とは働く施設が違うので影響はなかったみたいですが。

 

もう他人事ではないですね。

私、そんなに非常識な人間じゃないとは思っているけど、

でも、ここまで身近に迫って来ないと、コロナへの危機感が生まれなかったです。

手洗いとか消毒とか形式的には気を付けていたけど、心のどこかで「対岸の火事」だと思ってました。

知り合いの知り合いレベルまで迫ってきて初めて、「あ、これ現実なんだ。テレビの中の話じゃないんだ。」って思いました。

 

ご家庭の事情は様々なので、帰省するなってわけではないけど、断る勇気が「〇〇家クラスタ」を防ぐかもしれない!

【新しい上司になって】人間らしい扱いを受け感動する

はじめに

上司を変えてもらって2週間が経ちました。

▽▽▽経緯はこちら▽▽▽

【ただの愚痴】仕事を辞めたい - アラフォーOL副業道

【30歳→33歳→35歳】転職支援サービスに登録したところ、、 - アラフォーOL副業道

【転職失敗】エージェントからのアドバイス - アラフォーOL副業道

 

新しい上司がいい上司過ぎる!!

f:id:nanako_ip:20200730201928p:plain

まず、指導がダメ出し形式じゃない!!

例えば、私がA案を提出したときに

前の上司は、「A案はダメだ。A案を書くなんて、おまえはダメな奴だ。B案に修正しとくよ。」と言いました。

でも、新しい上司は「A案も間違いじゃないんだけど、B案の方がいいんじゃないかな?B案にすると、こんなメリットがあるよ!」と言います。

 

どちらも、最終的にはB案になるのは同じなんだけど、

前者だと全否定されたように思ってしまいます。しかも、「A案がダメだからB案にする」って説明になってないよね?世の中、A案かB案かの2択ならば、「A案がダメだからB案にする」でもいいんだけど、選択肢は無数にあるわけですよ。なんでB案がでてきたの!?って分からないけど、上司がそう言ったからっていう理由だけで進めていました。(なんでB案なんですか?と聞いても、「なんで分からないの?だってB案でしょ!?」としか返ってこなかった。)

後者だと、なるほど!と納得して、自ら進んでB案に修正しよう!って思えます。

 

最初に褒めてから、問題点を指摘してくれる!!

前の上司は、「はい、ダメーーー」の一点張りでした。

新しい上司は、フィードバックのとき、必ずよかった点を褒めてくれます。しかも、「人格」と「事実」とを切り離して褒めてくれます。

 

例えば、「君は文章を書くのが上手だね」とか「君はよく考える人だね」という褒め方だと、確かに褒められているんだけど、人格への評価をされている気になってしまいます。いい評価だとしても、他人に自分の人格を評価されるのは気持ちのいいものではないです。ただ1つの事実だけをみて、君はこういう人だとラベリングされている気にもなります。

 

新しい上司は、「ここの文章の流れがいいね」とか「ここの項目立ての分け方が分かりやすいね」という風に褒めてくれます。このように「事実」自体を褒めてくれると、自分の人格には影響しないので、素直にヤッタ!!って思えます。

 

こんな感じで最初に褒められて、場が温まっていると、次に「でも、問題点もあるんだ」と言われても、全然嫌な空気になりません。

 

渦中にいるときには気づかなかったこと

前の上司の指導を受けていた期間には、自分がやばい状態になっていると気づきませんでした。「無」の状態だったので。

 

不眠になっていた

夜、全然眠れなくて。日中、ずっと眠たい状態でした。でも、夜眠れないんですよ。

ただ、ある日急に眠れなくなったわけじゃなくて、だんだん眠れなくなっていったので、自分が眠れていないことに気づかなかったです。毎日2、3時間しか眠れなくなって初めて、「あ、これ不眠?」って気づきました。

 

新しい上司に変わって、眠れるようになりました!!睡眠って大事なんですね。日中の活力が全然ちがう!!人間、眠たいと何もできないのね。。

 

文字が読めなくなっていた

「目が滑る」と表現されるのかな?

文字の発音は分かるんだけど、読んでも意味が分からない、どこを読んでいるのか分からなくなる、直前に読んだことを全く覚えていない、そんな状態になっていました。

これも、たぶん徐々に読めなくなっていったのか、最近まで気づきませんでした。

 

でも、振り返ってみれば、前の上司の指導を受けるようになって2か月くらい経った時から、小説が全く読めなくなってました。それまでは月に10冊くらいは読んでいたのに、全然頭に入ってこなくなったんですよ。当時は、本の内容が面白くなかったのかな?読書に飽きたのかな?と思っていましたが、どうやら相当精神的に疲れていたみたいです。

 

この状態は、今でも劇的には改善されていません。

新しい上司に相談してみたんです。どうせ、「はい、甘えー!」とか「気のせいでしょ」とか言われるんだろうな、、と思っていたのですが、ここでも新しい上司の対応はすごかった!

 

まず「目が滑る状態になることあるよね。疲れているんだね」って、状況に理解を示してくれました。

そして、「でも仕事はしなくちゃいけないから、例えばマーカを引くとか、紙媒体ではなくPDFで読んでみるとかしてはどうだろう?(紙媒体だと、余計な部分も読みがちで、情報過多になってしまう。PDFだと検索できて読みやすいし、読み流しやすいから。)」と、精神論ではなく、再現可能な手段を提案してくれたんです。

だからって、即解決!とはならないけど、「正直に話してよかった」って思いました。

 

まとめ

上司が変わるだけで、こんなに違うのか!と、けっこう驚いています。

正直、どんな上司に当たるかは「上司ガチャ」で、本当に運だと思います。

もし、この記事を読んだのが上司の立場にある人であって、ダメ出し形式の指導をしているならば、「部下も人間です。」ってことを思い出してほしいです。

もし、この記事を読んだのがこれから上司の立場になる人だったら、たとえ自分がダメ出し形式の指導を受けてきていたとしても、「自分と同じ苦労を部下もすべきだ!」と思わず、「自分がされて嫌だったことは部下にしない。自分の代で変えよう。」って思って改善してほしいです。

 

趣味ブログを始めて1ヶ月

このブログとは別に、趣味ブログを始めて1ヶ月が経ちました。

気づいたことを、このブログと趣味ブログとを対比しながらまとめたいと思います。

 

▽▽▽趣味ブログはこちら▽▽▽

ゆる小町。

もしよかったら覗いてみてください。

 

どんどん下書きが増えていく

趣味ブログ開設当初は、稽古日誌とか背景知識とかをメインに書く特化ブログにするはずだったんです。

書きたいことはいっぱいあるんですよ。でも、ちゃんと書かなきゃ!!っていうプレッシャーを勝手に感じてしまって、なかなか公開できないです。どんどん下書きが増えていきます。

で、結局、「プロテイン入りのお菓子作り」の記事が多くなってしまって。。しかも、失敗し続けてるし。。

今後は、せめて稽古日誌は毎週更新したいです。稽古日誌なら、体験談だからウソじゃないし。背景知識とかは、相当勉強しないと公開できないですね。まだまだ勉強不足ってことですね。

 

その点、このブログは、しばりもしがらみもなくて、自由になんでも書けてプレッシャーゼロ~!

 

頑張って書いたからって、読まれる訳じゃない!

趣味ブログ、このブログよりも頑張ってます。文字数的にも、内容的にも。画像を加工したり、構成を考えたり、時間かかってるんですよ。

でも、このブログよりもアクセスが少ない!!悲しい!!

検索流入に至ってはゼロですよ。とりあえず、100記事書いてからが勝負!ってことで気にしないでおこう。。

 

ランキングサイトは、小カテゴリまで登録しようと思った

趣味ブログでは、ブログ村とかのランキングサイトで、「OLカテゴリ」みたいに大カテゴリまでしか登録していませんでした。そしたら、ランキングが100位とかなので、まぁ読まれない読まれない。記事を更新した日でアクセス2とか。

 

一方、このブログは、「OLカテゴリ」→「アラフォーOL」みたいに小カテゴリまで登録しているので、20位くらい?そのせいか、記事の更新がなくても毎日アクセスがあります。

 

ランキングサイトの1ページ目に載るかどうかって、結構重要なのかもしれない。あと、日記ブログだと、同年代かどうかが分かった方が読まれやすいのかもしれない。と思ったので、趣味ブログの登録カテゴリを見直したいと思います。そもそも、「OLカテゴリ」でいいのだろうか?OLが読みたいかな、趣味ブログの内容。。

 

※一応、「格闘技カテゴリ」にも登録しているのですが、母数が少ないので「OLカテゴリ」にも登録していました。

 

読者登録数を増やす活動をしてみた

趣味ブログでは、読者登録数を増やそうと試みました。いいなと思った記事にはスターをつけて、私から積極的に読者登録してみました。

そしたら、みなさん優しくて、スターを返してくれるし、3割くらいの方は読者登録もしてくれました。ありがたやー。

 

でも、やっぱりスターの数って気になっちゃうし、返報性の法則が働いて、興味もない記事を読ませてしまっているんだったら申し訳ないな、と思うようになって、結局、スターを非表示にしました。

今後は、積極的には読者登録しないかな。。

 

まとめ 

このブログは、日記ブログとして続けていこうと思います。何書いてもいい、アクセス数とか気にしなくていいって楽でいい!って改めて思いました。

 

趣味ブログは、更新頻度を落としてもいいから、ちゃんと質にこだわって頑張ろうって思いました。